蜷川幸雄シアター2/身毒丸 ファイナル

2018年4月14日   東急レクリエーション

亡くなった母親への思いを抱え生きている青年、身毒丸(藤原竜也)は、母を売るという店に並んでいた女・撫子(白石加代子)と出会う。彼らは互いを激しく憎み合うが、その憎しみはいつしか愛情に変わり、互いを求め合うようになる。