ANIMAを撃て!

2018年3月31日   アティカス

果穂(服部彩加)はクラシックバレエカンパニー「BAN」所属で、将来を有望視されるダンサーだった。彼女は留学支援のための試験に挑戦するが、クラシックなダンスを踊ることに違和感を持ち始めていた。ある日、ホールの倉庫でドラムをたたく元ドラマーのホール職員・伊藤(小柳友)と出会う。果穂はリズミカルなドラムの音色に引かれ、彼も試験直前に倉庫で踊る彼女を見て音楽への情熱を取り戻していた。意気投合した二人は、ドラム演奏をバックに踊るコンテンポラリーダンスで最終選考の自由演目に挑もうとするが……。